故・岡崎律子を偲んで

1周忌になります。

某番組でもメッセージを送りました。(きっと詠まれる事でしょう)

あの突然の訃報から1年が経ちました。

哀しみという言葉では表す事の出来ない哀しみだったわけですが、それを次へのステップとなすために、岡崎さんの曲をきいています。

ただ「悲しい」だけでは次へは進めないと思います。

岡崎さんの残された功績というのは、とても大きなものです。

こうして誰かの心に残るということは大事なことですよね。

PS. 自らの地位を保ちたいというだけの理由(?)で、聖域改革に手をつけられない国会議員はいりません。本当にいい人は、地位より残した功績が大きくなることが大抵だと思います。

あなたはどれだけの功績が残せますか?自らの地位を失うことになっても、改革をなすことは果たして出来ますか?

これは私の心に秘めたる持論の一つ。

カテゴリー: 日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>