設立申請書類を整える

振り込みが完了したら、実際に申請するための資料を作成。

基本的な考えた方は、定款にないことを補完すること。

たとえば、以下のような感じ。

  • 資本金がきちんと振り込まれていることを確認する証明書(前述の通帳のコピー)

ただし、証明とコピーした書類をホチキス止めして契印が必要

  • 本店所在地の住所が定款に詳細に記載されていない場合(たいていこのパターン)、本店所在地を決定する書類

今回は、取締役会非設置で取締役が1人の発起設立で、以下の書類を準備。

  • 株式会社設立登記申請書
  • 収入印紙貼り付け用紙(上記申請書とホチキス止めし、契印)
  • 定款
  • 発起人の同意書
  • 設立時取締役選任および本店所在地決議書
  • 設立時取締役の就任承諾書
  • 設立時取締役の印鑑証明書
  • 出資の払込を証する書面
  • 資本金の額の計上に関する設立時代表取締役の証明書

加えて、法務局のフォーマットに従って、以下も同時に用意。

  • CD-R(テキストファイルで、旧来のOCR用紙の内容を記載)
  • 印鑑届

会社名義で提出するものには会社の印鑑、それ以外には個人の印鑑を捺印。

といっても、登記申請書、印紙貼り付け用紙との契印、出資払い込み証明書面、資本金計上証明書くらいが会社の印鑑。

あ、準備できたからといって、すぐに提出というのは問題かも。

定款に記載した会計期間の開始の日より前だと、そこからすぐ数日で第1期が終了ということになりかねないので。

次は、実際の申請です。

カテゴリー: 日常 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>